善玉活性酸素と悪玉活性酸素とは?

水素水について説明する時に必ず出てくるのが活性酸素ですが、この活性酸素とは一体何なのでしょうか?

活性酸素とは一体なに?

活性酸素とは一言でいえば“病気や老化の原因となる物質”です。

私たちの体の細胞にはミトコンドリアという器官があり、そこでは食事から摂った糖分と呼吸から取り入れた酸素を自らの電気エネルギーを利用し反応させてエネルギーを作っています。

このエネルギーが作られる過程でミトコンドリアには大きな電圧が掛かり、どうしても多少の電子がこぼれ落ちてしまい、このこぼれた電子が近くにある酸素と結合し活性酸素が生まれます。

さらにミトコンドリアの数が少なかったり負荷が大きすぎると、オーバーワークによってより多くの活性酸素が生まれてしまいます。

要は普通に生活しているだけで必ず体内に活性酸素が作られます。

生きるためには酸素が必要ですが、酸素を摂るには呼吸が必要なので活性酸素は切っても切れない関係ですし、死ぬまで一生付き合って行かなければいけません。

ちなみに体内に入った酸素の1~2%が活性酸素になります。
活性酸素が発生する要因は他にもありますが、これがもっともスタンダードな発生要因です。

活性酸素は大きく2種類にわけられる

活性酸素はこぼれた落ちた電子と酸素が反応して生まれますが、生まれた活性酸素はこぼれた落ちた電子を次々に吸収し、電子を吸収する事でどんどん酸化力を増し変化していきます。

はじめはスーパーオキシドラジカル、次に過酸化水素、次に一重項酸素、最後にヒドロキシルラジカルへと変化し酸化力が増していきます。

酸化力の弱いスーパーオキシドラジカルは殺菌や生理活性などに役立ちますが、ヒドロキシルラジカルは酸化力が強すぎて遺伝子や細胞などにダメージを負わせます。

そしてその酸化力は、スーパーオキシドラジカルの100倍以上と言われており、このダメージの積み重ねが病気や老化へと繋がっていきます。

このように活性酸素と言っても色々種類があり、体にいい働きをしてくれるものを総じて“善玉活性酸素”と呼び、体に悪い働きをするものを総じて“悪玉活性酸素”と呼びます。

もしこの記事がお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します!