運動すると活性酸素が発生するからしない方がいい!?

活性酸素は呼吸するだけで発生したり、酸欠状態から急激な酸素の供給が行われる時に発生しやすいですが、では運動時の活性酸素はどうなのかについて解説します。

運動は体に悪いのか?

仕事終わりや休日の時間を利用して仲間たちとフットサルや野球、バスケットなど定期的になんらかのスポーツをしていたり、中には毎日ランニングしているという人も多いと思います。

私も定期的にバスケットをしたり、ランニングをしたりしていますが、同じくランニングをしている人をよく見かけます。

このような運動を行なうと沢山のエネルギーが必要になるので、ミトコンドリアでエネルギーを大量に作らなければいけません。

活性酸素は産業廃棄物のような物で、エネルギーを作る過程で必ず発生するので、大量のエネルギーを作ればそれだけ多くの活性酸素が発生します。

では運動は体に悪いのか?

なんて思いそうですが、私たちの体は実にうまく出来ていて、活性酸素が発生するとそれに対応するシステムが働き、活性酸素を除去する酵素が細胞内で増加します。

であれば適度な運動はストレス発散にもなりますし、筋肉への刺激・スタミナアップなどプラス面での働きの方が大きいので適度な運動はどんどんするべきです。

運動時の活性酸素の発生を抑える方法

運動時には活性酸素を除去する酵素が細胞内で発生しますが、これはすでに活性酸素が発生している状態です。実はちょっとした事で活性酸素の発生自体を抑えることが出来ます。

ここでおさらいをして欲しいのが、活性酸素は酸欠状態から急激な酸素の供給が行われる時に発生しやすいということです。

つまりいきなり全力で走った時や逆に運動をピタッと止めてしまった時のような、いきなりエネルギーを使ったり、使わなかったりとメリハリがあった時に発生しやすいのです。

であれば、運動時は少しずつエネルギーを使うようにし、運動後は少しずつエネルギーを使わないようにすれば発生しにくい事になります。

要するに、運動前の軽いウォーミングアップや運動後のクールダウンをしっかりと行なうことで活性酸素の発生を抑える事が出来るのです。

学生の部活動であれば練習の前後に、軽めのランニングやストレッチを行なったりしていると思いますが、社会人になると体育館やコートなどの場所を時間で借りている場合が多いので、ウォーミングアップもせずにいきなり練習や試合を行なう人も多いと思います。

活性酸素のことだけではなく、ケガの面からみても多少のウォーミングアップやクールダウンは行なった方がいいです。

活性酸素が発生するとそれに対応するシステムが働きますが、運動をすることでこのシステムが発達するので、ウォーミングアップとクールダウンをしっかりと行い、運動やスポーツをいつまでも楽しく過ごしていきたいですね。

もしこの記事がお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します!