ナノエアー500

商品名nano air 500(ナノエア500)
価格通常価格:2,640円(24本/@110円)
メーカー名株式会社エイチ ツー オー
内容量500ml
採水地大分県玖珠郡くじゅうタデ原湿原
溶存水素濃度記載なし
酸化還元電位記載なし
pH7.2硬度22mg/l
栄養成分1パック(500ml)あたり
エネルギー0Kcalたんぱく質0mg
脂質0mg糖質0mg
ナトリウム3.6mgカルシウム3.1mg
マグネシウム0.9mgカリウム1.65mg

溶存水素濃度測定結果

溶存水素濃度を確認するには溶存水素濃度判定試薬を使用します。
溶存水素濃度測定試験の詳しい方法は下記で確認して下さい。

溶存水素濃度判定試薬を使い1滴透明になれば0.1ppmとし、何滴透明になるかを確認します。さらに酸素の影響を受けているので、0.0~0.2ppmをプラスして考えます。
要するに「透明に出来た滴数+0.0~0.2ppm」がおおよその溶存水素濃度になります。

試験では1滴も透明にならない事を確認出来ましたので、
ナノエア500の溶存水素濃度は0.0~0.2ppmになります。

試験の様子を撮影しましたので、詳しくは動画で確認して下さい。

酸化還元電位測定結果

酸化還元電位についての詳しい解説は下記で確認して下さい。

試験では開封直後ですでに200mVを超えており、
1時間経過後は250mVと還元力がまったくない事が確認出来ました。
測定開始から1時間後までの様子を撮影しましたので、詳しくは動画で確認して下さい。

他の水素水は1時間毎の酸化還元電位を測定していましたが、
ナノエア500に関しては元から水素が入っていないので測定はしていません。

ナノエア500の総合評価

水素濃度コストパフォーマンス飲みやすさ
003.0
水素の抜けにくさ口コミ評価会社対応
03.03.0
合計点9/30点

ナノエア500は公式サイトがなかったので、楽天から購入しました。

商品ページには”楽天1位の水素水”とバナーがあったり、
水素と酸素のW効果と記載されていたりと、
どこからどう見ても水素水として販売しているのですが、
実際に溶存水素濃度と酸化還元電位を測定すると、
水素は入っていないと言う事が分かりました。

ペットボトルで販売している時点で水素は入っていないだろうと予想していたので、
予想通りの結果なので驚きはありませんが、
ミネラルウォーターを水素水として販売するのは・・・
この販売方法は問題ありなのでは?と疑問に思います。
実際に水素が入っていると勘違いして購入している方も大勢いるみたいです。

また、ナノエア500を飲むことで水素が体の隅々まで行き渡り、どうたらこうたらと
水素水を飲むことで得られる効果を記載していますが、
ただのミネラルウォーターなので、それらの効果はまず得られる事はないでしょう。

そして水素の入っていない商品を水素水だと思って購入するのですから
水素水としてのコスパは最悪です。

販売元に水素濃度や酸化還元電位について
問い合わせたところ以下の回答をもらいました。

「活性水素水のため濃度を検知することができかねております。」

水素と付く物は活性水素、マイナス水素イオン、プラズマ水素などがありますが、
これらは水素ガスを溶存させた水素水とは別物なので、注意が必要です。


あなたの応援が励みになります。
本日の応援クリックありがとうございましたm(_ _)m