水素水7.0ppm
水素水7.0の販売・生産は終了しました
商品名水素水7.0ppmスターターセット
価格6,900円(30包/@230円)
付属品「水素水7.0ppm」カプセル2セット、専用スポイト2本、
apuela「水素水7.0」ppm、ペットボトル2本、
溶存水素濃度判定試薬、携帯ケース
販売者トラストネットワーク株式会社
内容量500ml
溶存水素濃度~7.0ppm

水素水7.0ppmの付属品

水素水7.0ppm付属品

① 溶存水素濃度判定試薬溶存水素濃度を測定する試薬
② 携帯ケース外出用の携帯ケース
③ 「水素水7.0ppm」カプセル 2セット水素発生剤を入れるカプセル
④ 専用スポイト 2本水素発生剤に水を加える時に使用
⑤ apuela「水素水7.0」ppm 30包水素発生剤
⑥ ペットボトル&キャップ 2本専用の耐圧ペットボトル
①の溶存水素濃度判定試薬は水素濃度を確認したい場合のみ使用してください。
②の携帯ケースの中に「水素水7.0ppm」カプセルと専用スポイトが一緒に入っています。

水素水7.0ppmに使用できるペットボトル

水素水作成時ペットボトル内に水素ガスが発生し圧でパンパンになります。
そこでスターターセットには専用の耐圧ペットボトルが2本付属しています。

ペットボトルは何回でも使用できますので、基本的にはこの耐圧ペットボトルしか使用しませんが、他のペットボトルでも一応水素水を作ることが出来ます。

ただしペットボトルによって作れる水素濃度が変わってしまうので、特別な理由がない限りは付属の耐圧ペットボトルを使用しましょう。

ちなみに、付属の耐圧ペットボトルは3本250円程度で追加購入する事ができます。

ペットボトルの種類生成できる水素水の水素濃度
炭酸飲料用約4.0~7.0ppm
ミネラルウォーター用約2.0~2.4ppm
柔らかい軽量化ペットボトル約1.5ppm

水素水7.0ppmの作り方

  1. 1:付属の耐圧ペットボトルに飲み口ギリギリまで水を入れる

    水を入れ過ぎるとカプセルを入れた時に溢れてしまうので、カプセルを入れた時に飲み口ギリギリになるように飲み口から3.5cm程少なく入れます。
    キッチンで作るなら溢れても問題ないのでオススメです。
    ペットボトルにキャップをする時に空気が入っていなければ問題ありません。

    水素水7.0ppm作り方
  2. 2:アルミピローから水素発生剤を取り出す

    アルミピローの”CUT”と書かれている部分を手でちぎります。
    この時中の水素発生剤を破らないように反対側に寄せておきます。

    水素水7.0ppm作り方
  3. 3:取り出した水素発生剤を片側に全て寄せる

    片側に寄せると大体半分くらいになります。

    水素水7.0ppm作り方
  4. 4:半分に折った水素発生剤を中筒に入れる

    折り目が下になるように入れます。

    水素水7.0ppm作り方
  5. 5:スポイトで水を吸う

    どこから水を用意してもいいですが、ペットボトルの水を使えば楽です。

    水素水7.0ppm作り方
  6. 6:水素発生剤に水を掛ける

    水素水7.0ppm作り方

  7. 7:カプセルに中筒を入れてフタをする

    水素水7.0ppm作り方

  8. 8:ペットボトルにカプセルを入れる

    水素水7.0ppm作り方

  9. 9:ペットボトルのキャップをしっかりと閉める

    この時しっかりと閉めていないと水素ガスが抜けてしまいます。

    水素水7.0ppm作り方
  10. 10:冷蔵庫で24時間保管する

    冷蔵庫で24時間保管しないと7.0ppmになりません。
    しっかりと冷蔵庫で24時間保管します。

    水素水7.0ppm作り方
  11. 11:ペットボトルを30秒間振る

    ペットボトルを振ることで上部にたまった水素ガスを溶存させます。

    水素水7.0ppm作り方
  12. 12:完成です

    しっかりとシェイクした後は、カプセルを取り出し完成です。

    水素水7.0ppm作り方

水素水7.0ppmの溶存水素濃度

詳しい試験方法については下記をご覧ください。

水素水の測定方法について

溶存水素濃度判定試薬は1滴透明にできれば0.1ppmとし、何滴透明にできるかを確認します。
さらに溶存酸素の影響分である0.0~0.2ppmを考慮し、「透明に出来た滴数+0.0~0.2ppm」がおおよその溶存水素濃度になります。

上記のことを踏まえると、試験では55滴透明になる事を確認できたので
5.5+0.0~0.2=5.5~5.7ppmとなります。

試験に使用した水素水は冷蔵庫で24時間保管した物で、初めて作った水素水を使用しています。
このあと数回試したところ60滴以上透明になりました。

水素水7.0ppmの総合評価

動画に収めた溶存水素濃度測定試験では55滴透明になりましたが、その後何度か試したところ、60滴以上透明にすることが確認できました。

私が数回試験した限りでは7.0ppmにはなりませんでしたが、シェイクのやり方次第でもっと溶存させることができるのかもしれません。

アルミパウチの水素水よりも高濃度の水素水が飲めて、定期購入で飲み続けたとしても月6,900円なのでかなり経済的です。

今まで作る作業がめんどくさいだろうと思って敬遠していましたが、実際に作ると1分も掛からず下準備が完了してしまう上に、複数個冷蔵庫に入れておけば待ち時間なくいつでも飲めます。

万が一冷蔵庫に入れて飲まない日があったとしても、開封せず冷蔵庫に保管したままの状態なら、1週間くらい水素濃度を保つ事が出来るので安心です。

水素水7.0の販売・生産は終了しました
もしこの記事がお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します!