さゆら
さゆらの販売・生産は終了しました

商品名SAYURA(さゆら)
価格12,960円(30本/@432円)
メーカー名株式会社 HIFIND
内容量500ml
採水地阿蘇外輪山直系菊池渓谷の地下天然水
溶存水素濃度0.8ppm~1.2ppm
酸化還元電位-500mV~-600mV
pH7.1硬度69mg/l
栄養成分1パック(500ml)あたり
カロリー0kcalナトリウム10.1mg
カリウム5.9mgマグネシウム6.1mg
カルシウム17.9mg

さゆらの溶存水素濃度測定結果

詳しい試験方法については下記をご覧ください。

水素水の測定方法について

溶存水素濃度判定試薬は1滴透明にできれば0.1ppmとし、何滴透明にできるかを確認します。
さらに溶存酸素の影響分である0.0~0.2ppmを考慮し、「透明に出来た滴数+0.0~0.2ppm」がおおよその溶存水素濃度になります。

試験では12滴透明になることを確認できたので、さゆらの溶存水素濃度は1.2~1.4ppmとなります。

試験の様子を撮影しましたので、詳しくは動画で確認してください。

後日、専門の研究機関に溶存水素濃度の測定を依頼しました。
詳しくはこちらの記事で確認してください。

溶存水素濃度の測定依頼をしました!

依頼した測定方法は以下の2パターンです。

  1. 脱酸素剤を使い溶存酸素の影響を受けていない状態での測定
  2. 脱酸素剤を使わない通常の状態での測定

私が行なった溶存水素濃度判定試薬を使った測定結果と合わせて表にしました。

溶存水素濃度判定試薬脱酸素剤なし脱酸素剤あり
1.2~1.4ppm1.1ppm1.2ppm

さゆらの酸化還元電位測定結果

詳しい試験方法については下記をご覧ください。

水素水の測定方法について

試験では開封時の最大値が-531mVと高い還元力があることが確認できました。
測定開始から1時間後までの様子を撮影しましたので、詳しくは動画で確認してください。

また、1時間毎に酸化還元電位を測定しデータを取りました。
下に表を作りましたので確認してみてください。

結果は4時間経過した辺りで開封時の約半分になり、それ以降は緩やかにプラスよりへと数値が上がっていきました。

24時間経過後の数値がプラスとなっている事から、封をせず24時間経った物は水素が完全に抜けきっているのがわかります。

酸化還元電位【実測値推移データ】
開封時(最大値)-531mV7時間後-162mV
1時間後-439mV8時間後-157mV
2時間後-351mV9時間後-121mV
3時間後-323mV10時間後-110mV
4時間後-259mV11時間後-92mV
5時間後-235mV12時間後-78mV
6時間後-193mV24時間後45mV

※あくまでも私の環境下における測定値となりますので参考値として見て頂ければと思います。

さゆらの総合評価

水素濃度コストパフォーマンス飲みやすさ
5.03.04.0
水素の抜けにくさ口コミ評価会社対応
4.03.04.0
合計点23/30点

溶存水素濃度と酸化還元電位ともに高い数値を記録し、しっかりと水素が入っていることが確認できました。

飲んだ感じはクセもなく飲みやすく感じました。

以前あった初回限定の割引キャンペーンが終了してしまったので、価格が上がりコスパが悪くなり、他の商品に比べて割高になりました。

さゆらの販売・生産は終了しました
もしこの記事がお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します!