溶存水素濃度の測定を専門機関に依頼をした結果!?

水素を専門にしている研究機関に正確な溶存水素濃度の測定を依頼していたのですが、その測定結果がでたので結果を発表したいと思います。

測定依頼をした理由は、溶存水素濃度判定試薬を使った測定では溶存酸素の影響を考えなければならず、どうしても大体の溶存水素濃度しかわからないので、溶存酸素の影響をどれだけ受けているのか気になったからです。

測定を依頼した商品は、浸みわたる水素水、スパシア、さゆら、サラスバ、わたしのすいそすい、水素たっぷりのおいしい水の6種類です。

水素水

依頼内容は下記の2点です。

  • 脱酸素剤を使い溶存酸素の影響を受けていない状態での測定
  • 脱酸素剤を使わない通常の状態での測定

溶存水素濃度測定依頼結果

結果は自分で測定したものと合わせて下の表にまとめました。
この測定依頼結果はそれぞれのレビューページに追記しておきます。

商品名溶存水素濃度判定試薬脱酸素剤なし脱酸素剤あり
浸みわたる水素水0.9~1.1ppm1.1ppm1.2ppm
スパシア1.2~1.4ppm1.4ppm1.5ppm
さゆら1.2~1.4ppm1.1ppm1.2ppm
サラスバ0.8~1.0ppm1.0ppm1.1ppm
わたしのすいそすい1.1~1.3ppm1.3ppm1.4ppm
水素たっぷりのおいしい水1.0~1.2ppm1.4ppm1.4ppm

脱酸素剤を使った測定結果を見ると、少なからず溶存酸素の影響を受けていることがわかります。

また私が行った溶存水素濃度判定試薬の結果よりも高めの結果となりました。
これは判定試薬を垂らすテンポが遅かったからかもしれません。

測定中は間を開けずテンポよく行う必要があるようなので、次回の測定からはもう少し早いテンポで測定を行います。

それでも”脱酸素剤なし”と”脱酸素剤あり”のどちらかの数値が判定試薬を使った測定結果の範囲内に入っているので、溶存水素濃度判定試薬でも大体の溶存水素濃度は測定可能なのがわかります。

なお、水素水はこれからも随時購入し測定を行なっていきますが、それらすべてを今回のように研究機関へ測定依頼できるかはわかりません。

依頼するのもカンタンではないので、ご了承頂ければと思います。

もしこの記事がお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します!