水素水にはどんな働きがあるのか?

ズバリ! 悪玉活性酸素から体を守る!

活性酸素については後で解説が、病気や老化の原因となる物質と覚えておいてください。

悪玉活性酸素は非常に強い酸化力を持っており、体中の細胞や遺伝子を無差別に傷つけます。
これが病気や老化に繋がるのですが、水素水を飲むと水素が体中を駆け巡りわずか数分で全身に行き渡ります。

悪玉活性酸素と水素が結合すると、無害な水に変化し尿などから体外へと排出されます。

水素は体を酸化(老化)させる悪玉活性酸素から体を守ってくれることから、抗酸化作用があることがわかります。

この抗酸化作用により病気の予防や治療、老化を遅らせることができるのです。
また、抗アレルギー作用や抗炎症作用もあることもわかっています。

もしこの記事がお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します!