水素水の味や飲みやすさは違うのか?

水素自体は無味無臭なので味に影響を与えませんが、商品ごとに使用されている水が違うので、成分や硬度に若干の違いがあります。

硬度とは?

硬度とはカンタンに言うとカルシウムとマグネシウムの含有量を数値化したもので、含有量が多いと硬水、少ないと軟水となります。

世界保健機関 (WHO) の基準
軟水0 - 60未満
中程度の軟水(中硬水)60 - 120未満
硬水 120 - 180未満
非常な硬水 180以上

日本人には硬水が合わないとされ、水道水のほとんどが軟水になっており、赤ちゃんに飲ませるなら硬度の低い軟水がよいとされています。

理由は軟水に比べて硬水は消化が悪く内臓に負担が掛かるためです。

これだけ聞くと軟水の方がいい様に思うかもしれませんが、硬水にはお通じをよくする効果があるので、便秘気味の方などが好んで飲みます。

飲みやすさで言えば、軟水は余分な物があまり含まれていないため、クセが少なく非常に飲みやすいです。

硬水は多少のクセはありますが、成分のバランスがいいと非常においしく感じる一方、バランスが悪いと飲みにくく感じてしまいます。

当サイトではすべての商品の硬度をレビューページに記載しているので参考になれば幸いです。

もしこの記事がお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します!