水素自体は無味無臭なので味に影響を与えませんが、商品ごとに使われている水が違いので、成分や硬度に若干の違いがあります。

硬度とは?

硬度とは簡単に言うとカルシウムとマグネシウムの含有量を数値化したもので、
含有量が多いと硬水、少ないと軟水となります。

世界保健機関 (WHO) の基準
軟水0 - 60未満
中程度の軟水(中硬水)60 - 120未満
硬水 120 - 180未満
非常な硬水 180以上

日本人には硬水が合わないとされており、水道水のほとんどが軟水となっています。
また、赤ちゃんに飲ませるなら硬度の低い軟水が良いとされています。

理由は硬水は軟水に比べ消化が悪く内臓に負担が掛かるためです。
さらに、硬水は石鹸の泡立ちを抑える事でも知られています。

これだけ聞くと軟水の方が良いのかと思われますが、
硬水にはお通じをよくする効果があるので、便秘気味の方などが好んで飲まれます。

飲みやすさで言えば、軟水は余分な物があまり含まれていない為、
クセが少なく非常に飲みやすいのでスルスル飲めます。
無味に近い方が好きな方はこちらが好きだと思います。

硬水は多少のクセはありますが、成分のバランスが良いと非常においしく感じます。
一方、バランスが悪いと飲みにくく感じてしまいます。

当サイトでは全ての商品の硬度をそれぞれのレビューページに記載しているので
参考にして頂けたらと思います。


あなたの応援が励みになります。
本日の応援クリックありがとうございましたm(_ _)m