基本的には喉が乾いた時など、ご自身の飲みたい時に飲んで問題ありませんが、
活性酸素の発生するタイミングに合わせて飲むと言う方法もあります。

例えば、運動をすれば活性酸素が多く発生するので、
運動の前に飲めば疲れにくくなり、運動中や後に飲むことで筋肉痛になりにくくなります。

他には、お酒を飲む時のチェイサーとして飲むことで、
次の日に残りづらくなりますし、二日酔いの際に飲むことで回復を早めてくれます。
また、お酒を水素水で割るとまろやかでおいしくなると感じる人が多いようです。

私の場合だと普段からランニングと筋トレをしていて、
主にランニングの後と筋トレ中に水素水を飲んでいます。
乾いた喉にスルスル入っていくので、非常においしく飲んでいます。

筋トレはダイエット目的ではなく、筋肥大が目的の為
ハードなトレーニングなので筋肉痛は避けられませんが
たしかに、飲まずに筋トレをしていた時に比べると
痛みが和らいでいる気がします。

あとは飲み会からの帰宅後や、飲んだ翌朝も水素水を飲むようにしているので、
水素水を飲み始めてからはひどい二日酔いになった事がありません。

他には毎週行なっているバスケットボールの練習にも水素水を持って行っています。
水素水を飲むことでよく汗が出ますし、よく動ける感じがして必需品になっています。

このように狙ったタイミングで飲んでも良いですし、
運動をしない方やお酒を飲まない方は、
体に疲れを感じている時や喉が渇いた時に飲むと良いです。


あなたの応援が励みになります。
本日の応援クリックありがとうございましたm(_ _)m