水素水の適切な飲む量と継続期間とは?

水素水は1日どれくらい飲めば良いのか?

年齢や生活習慣などで悪玉活性酸素の発生量が違うため一概には言えませんが、多くの臨床試験の場合は1Lを摂取して行なうことが多いので、臨床試験と同じような効果を期待するのであれば、1日1Lは飲んだ方がいいということになります。

ただし1日1Lを飲むのは大変ですし、1日1本の水素水を飲むだけでもなんらかの変化を感じる人が多いので、1日1本を目安にするといいです。

1本が大体300~500mlなので1日の摂取量としては300~500mlということになります。

水素水はどれくらいの期間飲み続ければ良いのか?

水素水が体にいいと言っても、数日飲んだ程度で変化はありません。

効果を実感するまでの期間は人それぞれですが、多くの方は2ヶ月間くらい飲み続けたあたりから体に変化があるようです。

また病気の方も毎日飲み続けて行くことで、異常だった数値が適正値へと改善されていきます。

活性酸素は毎日発生し病気や老化の原因となるので、期間を決めず毎日飲み続けることが大切です。

もしこの記事がお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します!