水素を摂取するには当サイトでご紹介しているアルミパウチに入ったドリンクタイプの他にも、
サプリメントタイプ、スティックタイプ、サーバータイプなどがあります。

それぞれに特徴がありますので順番にご紹介します。

タイプドリンクサプリメントスティックサーバー
水素濃度1.0ppm前後ピンきり0.8ppm前後~1.6ppm
価格1万円未満数百円~1万円前後1万円未満10万円~
手軽さすぐ飲めるすぐ飲める面倒くさいすぐ飲める
総評おすすめおすすめ非推奨家族向け

スティックタイプ

スティックタイプは500mlもしくは1Lの水の入ったペットボトルに、
水素が発生するスティックを入れ、8~24時間待つことで水素水として飲む事が出来ます。
スティックは6ヶ月程使えるので、その間であれば何回でも使うことが出来ます。

デメリットはやはり待ち時間です。
最低でも8時間は待たなければならず、
水素濃度を上げるには24時間は待たなければなりません。

また、高濃度にする為には一つのペットボトルに2~3本入れなければならず、
作り置きしておける量は限られます。

6ヶ月程使えると公式サイトでは書かれていますが、
実際は水素発生量はどんどん減って行くので3ヶ月も使えば水素の発生量はかなり激減します。
6ヶ月使えるからと言っても使い始めた頃と同じ水素濃度で水素水を作るのは難しいです。

一見コスパは良さそうですが、実は悪いです。

サプリメントタイプ

サプリメントを飲むと体内で水と反応して水素が発生する仕組みです。
価格が安く手軽に飲むことが出来るのが最大のメリットです。

しかし、中にはほとんど水素の発生しない粗悪品も多数あります。
購入する際はしっかりと調べてからでないと騙されてしまします。

サプリメントの場合は水素水と違い、体内で長時間水素を発生し続けます。

水素サプリメントを購入するなら下記を参考にしてみて下さい。

サーバータイプ

本体のポットに水を入れて使うタイプや直接蛇口に取り付けるタイプがあります。
ポット型は数十分、蛇口に付ける物は待ち時間無しで水素水が出来上がります。

自宅にいる時ならいつでも好きなだけ飲めるのが特徴で、
一人でも大量に飲みたい方や家族全員で飲む方、
飲む以外でも化粧水や洗髪として大量に使いたい人におすすめ
です。
初期費用は高いですが、長い目で見ればかなりお得です。

初めて水素水を購入する方よりは、すでに水素水を飲んだ事があり、長期的に飲むと決めた
ヘビーユーザー向けのタイプです。

ドリンクタイプ

ドリンクタイプは当サイトで紹介しているタイプの物です。
自宅、出先問わずいつでも高濃度の水素水を飲むことが出来ます。

定期購入する事で大幅割引されるほか、
格安でお試し購入出来る物も多数あるので、初めて水素水を購入する方向きです。

ただ、数ヶ月飲んで水素水が気に入った場合や複数人で飲む場合であれば、
サーバータイプに移行するのもありだと思います。

スポーツ時の水分補給用などのように
出先でも飲みたい場合はこのタイプの物を飲み続けても良いです。

まとめ

初めて水素水を購入するならお試し価格で飲めるドリンクタイプがおすすめ。
数ヶ月飲んでみて長期間飲むと決めた方や家族など大勢で飲みたい方は
サーバータイプへ移行するのが良いでしょう。

サプリメントタイプは長期間水を飲むのが苦手な方や、
一瞬で飲めると言う手軽さを求める方にオススメ
です。
ドリンクタイプと併用でサブ的に摂取しても良いでしょう。



あなたの応援が励みになります。
本日の応援クリックありがとうございましたm(_ _)m