水素を摂取するにはドリンクタイプ・サーバータイプ・サプリメントタイプがありますが、それぞれの特徴を紹介します。

タイプドリンクサプリメントサーバー
水素濃度1.0ppm前後ピンきり~1.6ppm
価格1万円前後数百円~1万円前後数万~
手軽さすぐ飲めるすぐ飲めるすぐ飲める
総評おすすめおすすめ家族向け

ドリンクタイプ

ドリンクタイプは一般的に水素水として販売されている、アルミパウチなどに入っているタイプのもので、場所を問わずいつでも高濃度の水素水を飲むことができます。

通常購入の場合は定価での購入になりますが、大幅割引される定期購入や初回限定のお試し購入などもあるので、自分にあった購入の仕方をすればいいです。

基本的に毎日飲むことになりますが、長期間飲むと決めた場合や家族みんなで飲むと決めた場合であれば、初期費用は高いですが、長い目で見ればサーバータイプに移行した方がかなりお得になります。

サプリメントタイプ

もっとも手軽に水素を摂れるのがサプリメントタイプです。

水素サプリメントを1~3粒程度飲むことで、体内でサプリと水とが反応して水素が発生する仕組みで、体内で数時間にわたり水素を発生し続けるため、全身に水素が行き渡ります。

価格はドリンクタイプよりも安く一番手軽に購入できます。

水素サプリメントは数粒飲むだけなので、水を飲んでお腹いっぱいになるようなこともありませんし、毎日水を飲むのが苦手な方や冬場に冷たい水を飲みたくない方にもオススメです。

ただ中にはほとんど水素の発生しない詐欺品も多数あるので、購入する際はしっかりと調べてからでないと騙されてしまいます。

水素サプリメントについては下記を参考にしてみてください。

水素サプリメント比較サイト

サーバータイプ

本体に水を入れて使うタイプや直接蛇口に取りつけるタイプなどがあり、飲むのに数十分掛かる商品や一切の待ち時間無しで飲める商品などがあります。

本体の価格は高いですが、一度設置してしまえば水素水が飲み放題です。

長期間飲み続ける方や家族みんなで使用するなど大量に水素水が必要な方は、ドリンクタイプの購入を続けるよりもかなりの金額がお得になります。

水素水サーバーについては下記を参考にしてみてください。

水素水サーバー比較サイト

まとめ

はじめて購入するならドリンクかサプリがオススメです。

ドリンクは飲む以外にも水素水パックにも使えますし、サプリは時間がない人でもサッっと飲めてしまうので、好きな方を購入するといいです。

数ヶ月飲んでみて長期間飲むと決めた方や、家族など大勢で飲みたい方はサーバータイプへ移行するのがいいでしょう。

ドリンクタイプとサプリを使い分けしてもいいですね。

お試し購入可能な水素水はこちら

もしこの記事がお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します!