水素水にはどの商品でも必ず賞味期限があります。
商品によって多少期間が違いますが大体は4ヶ月です。
また賞味期限以内であればパッケージに記載の水素濃度を保証していたりもします。

そこで今回は実際にすべての商品を賞味期限最終日まで暗所で保管し、
実際に水素濃度がどれくらいあるのか検証してみたいと思います。

水素水は一つのダンボールにひとまとめにし、
直射日光どころか光の当たらない所に保管しています。

賞味期限最終日に試験をし動画編集などが終わりましたら、
随時このページに追加していこうと思いますので、
データが揃うまで気長に待って頂ければと思います。

また酸化還元電位も測定しますが、
今回は水素濃度の測定が目的なのでおまけ程度にご覧下さい。

ページの一番下に全ての試験結果をまとめています。

商品名賞味期限
わたしのすいそすい8月19日
浸みわたる水素水8月20日
さゆら8月29日
水素たっぷりのおいしい水9月9日
サラスバ9月13日
せせら9月25日
クリスタル水素水10月24日
ビガーブライトEX10月27日
トラストウォーター12月5日
キヨラビ12月30日
スパシア2016年4月23日

賞味期限はスパシアが1年、トラストウォーターが6ヶ月、それ以外の商品が4ヶ月です。

スパシアの賞味期限が異様に長いので、販売店に問い合わせました。
下記がその回答です。

お問い合わせありがとうございます。

水素に関してましては0.2ppmの残量があれば水素の効果が得られると研究されております。

スパシアに関しましては大学などの機関での数値で未開封時約1年後でも0.4ppmの残量を計測しております。

そのため消費期限につきましては365日とさせていただいております。

他社の水素水やサーバなどは製法が異なりますので特許製法によりより多くの水素を細かく長い期間保持させることができます。

含有水素量に関しましては0.7~1.4ppm、開封時の水素量となります、開封時の場所の気圧によりましてどうしても水素が抜けてしまいます。

3か月以内で通常の1気圧の場所であれば開封時1.2~1.4ppm、標高が高い場所など気圧の変化がある場合ですと少し水素が抜けてしまいます。

他社様の水素水の場合3か月4か月でほぼ水素が抜けてしまいますので、そのあたりの差とお考えいただければと思います。
よろしくお願いします。

とのことでしたので、スパシアは1年後に0.4ppmあるのか確認する事にします。

また、賞味期限が長いスパシア・トラストウォーターについては、
賞味期限最終日の他に、他の水素水と同じく4ヶ月後の水素濃度も測定し、
全ての商品の4ヶ月後の水素濃度の変化を確認しようと思います。

わたしのすいそすい

公式サイトのよくある質問のところに下記の記述があります。

水素はどれくらいもつのですか?
未開封の場合、4か月の賞味期限を設け、水素溶存量を保障しております。
水素の量はどれくらいですか?
開封時水素濃度0.8~1.2ppmを基準とし製造しております。

このように書かれているので最低でも0.8ppmくらいかなと思いましたが、
実際に測定してみると試験結果は0.3~0.5ppmとなりました。

購入時の溶存水素濃度は1.1~1.3ppmだったので、
アルミパウチの飲み口から少しずつ水素が抜けているのが分かります。

購入直後からの水素濃度の減少率は約72%でした。
とりあえずまだ1つ目なのでなんとも言えませんが、この数値が基準になります。

試験の様子を動画にしたのでご覧下さい。

浸みわたる水素水

浸みわたる水素水は購入直後の試験では0.9~1.1ppmありました。
4ヶ月後の今回の試験では0.4~0.6ppmと言う結果になりました。
購入直後からの水素濃度の減少率は約55%でした。
まだ2個目なので他の商品も結果が楽しみです。

さゆら

さゆらは購入直後の試験では1.2~1.4ppmありました。
4ヶ月後の今回の試験では0.3~0.5ppmと言う結果になりました。
購入直後からの水素濃度の減少率は約75%でした。

水素たっぷりのおいしい水

水素たっぷりのおいしい水は購入直後の試験では1.0~1.2ppmありました。
4ヶ月後の今回の試験では0.5~0.7ppmと言う結果になりました。
購入直後からの水素濃度の減少率は約50%でした。
今のところは一番水素濃度が高い結果になりました。

サラスバ

サラスバは購入直後の試験では0.8~1.0ppmありました。
4ヶ月後の今回の試験では0.3~0.5ppmと言う結果になりました。
購入直後からの水素濃度の減少率は約62%でした。

せせら

せせらは購入直後の試験では0.9~1.1ppmありました。
4ヶ月後の今回の試験では0.2~0.4ppmと言う結果になりました。
購入直後からの水素濃度の減少率は約77%でした。

スパシア

スパシアも4ヶ月後に測定したかったのですが、思いついた時点で6ヶ月経っていたので、
スパシアに限り6ヶ月後と12ヶ月後の測定とします。

スパシアは購入直後の試験では1.2~1.4ppmありました。
6ヶ月後の今回の試験では0.5~0.7ppmと言う結果になりました。
購入直後からの水素濃度の減少率は約58%でした。

トラストウォーター

トラストウォーターは購入直後の試験では1.1~1.3ppmありました。
4ヶ月後の今回の試験では1.0~1.2ppmと言う結果になりました。
購入直後からの水素濃度の減少率は約9%でした。

他の水素水は製造日から4ヶ月経過すると水素濃度が50~80%減少していますが、
トラストウォーターはわずか約9%しか減少しておらず、
水素の抜けにくさは他の商品とは比べ物にならない結果となりました。

トラストウォーターは購入直後の試験では1.1~1.3ppmありました。
6ヶ月後の今回の試験では0.9~1.1ppmと言う結果になりました。
購入直後からの水素濃度の減少率は約18%でした。

クリスタル水素水

クリスタル水素水は購入直後の試験では1.0~1.2ppmありました。
4ヶ月後の今回の試験では0.1~0.3ppmと言う結果になりました。
購入直後からの水素濃度の減少率は約90%でした。

ビガーブライトEX

ビガーブライトEXは購入直後の試験では1.2~1.4ppmありました。
4ヶ月後の今回の試験では0.3~0.5ppmと言う結果になりました。
購入直後からの水素濃度の減少率は約75%でした。

キヨラビ

キヨラビは購入直後の試験では1.2~1.4ppmありました。
4ヶ月後の今回の試験では0.5~0.7ppmと言う結果になりました。
購入直後からの水素濃度の減少率は約58%でした。

賞味期限最終日の溶存水素濃度測定試験のまとめ

各商品の賞味期限はスパシアが1年、還元性水素水が9ヶ月、
トラストウォーターが6ヶ月、それ以外の商品が4ヶ月です。

賞味期限が長いスパシア・トラストウォーターについては、
賞味期限最終日の他に、他の水素水と同じく4ヶ月後の水素濃度も測定し、
全ての商品の4ヶ月後の水素濃度の変化を確認しようと思います。

商品名水素濃度
(開封直後)
水素濃度
(賞味期限最終日)
減少率
わたしのすいそすい1.1~1.3ppm0.3~0.5ppm約72%
浸みわたる水素水0.9~1.1ppm0.4~0.6ppm約55%
さゆら1.2~1.4ppm0.3~0.5ppm約75%
水素たっぷりのおいしい水1.0~1.2ppm0.5~0.7ppm約50%
サラスバ0.8~1.0ppm0.3~0.5ppm約62%
せせら0.9~1.1ppm0.2~0.4ppm約77%
クリスタル水素水1.0~1.2ppm0.1~0.3ppm約90%
ビガーブライトEX1.2~1.4ppm0.3~0.5ppm約75%
トラストウォーター1.1~1.3ppm1.0~1.2ppm
(製造日から4ヶ月)
約9%
(製造日から4ヶ月)
約18%
(製造日から6ヶ月)
スパシア1.2~1.4ppm0.5~0.7ppm
(製造日から6ヶ月)
約58%
(製造日から6ヶ月)
キヨラビ1.2~1.4ppm0.5~0.7ppm約58%



あなたの応援が励みになります。
本日の応援クリックありがとうございましたm(_ _)m