今回は冷凍保存しても水素は本当に抜けないのかを検証したいと思います。
検証に使うのは上の写真のハイドリックアクアです。

左は光の当たらない暗所で常温保存した物、右は届いたその日にすぐ冷凍保存した物です。
途中で一度も解凍していません。

この試験は去年からずっと試してみたいと思っていたのですが、
ようやく冷凍保存開始から3ヶ月が経過したので、検証してみようと思います。
試験ではそれぞれの溶存水素濃度と酸化還元電位を測定します。

試験の手順

  1. まずは冷凍保存した方を自然解凍で完全に溶かす
  2. 常温保存した方から先に試験を行います
  3. 常温保存の試験が終わり次第、冷凍保存した方も試験スタート

上の順番で試験を行います。
溶存水素濃度と酸化還元電位の測定は同時に行い、
酸化還元電位は開封時の最大値のみ確認したいと思います。

以下が試験を撮影した動画です。

検証結果

試験の結果を表にまとめました。

常温保存冷凍保存
溶存水素濃度0.2ppm0.5ppm
酸化還元電位-215mV-377mV

冷凍保存しても水素が抜けないどころか、
冷凍保存した方が水素が抜けづらいと言う結果になりました。

ただ、冷凍保存すると飲みたい時に飲めないので、
普段は冷蔵庫に入れておけば常温よりは、水素が長持ちするでしょう。


あなたの応援が励みになります。
本日の応援クリックありがとうございましたm(_ _)m