3月5日放送の「世界一受けたい授業」に太田成男先生が出演し、
ミトコンドリアについて授業をしました。

その中で水素水にも触れていたので簡単に解説したいと思います。

分かりやすく授業をおさらい

ミトコンドリアは私達の体の中でエネルギーを作っていますが、
必要以上に食べ過ぎたり、だらだらとぐうたら生活を続けていると、
ミトコンドリアの数が減少したり弱体化したりします。
また、加齢によってもミトコンドリアは減少します。

ミトコンドリアの数が減少するとメタボの原因となり
メタボから糖尿病・高血圧・心筋梗塞・がんなどの危険性が出てきます。

そこでミトコンドリアを増やす3つの方法が紹介されました。
ミトコンドリアは何歳からでも増やすことが出来るので是非実践してみてください。

プチ断食

一つ目の方法は“プチ断食”です。

空腹感が増すと、エネルギーを作る栄養が足りないと感じてミトコンドリアは増加するので、
ミトコンドリアを増やす為にプチ断食が効果的です。

方法としては1日の摂取カロリーを1/3程度にします。
1日3食食べているなら1日1食にしてみても良いです。
これは毎日ではなくて疲れが抜けない時などに行うと良いそうです。

ちょっときつめな運動

二つ目の方法は“ちょっときつめな運動をする”です。

ミトコンドリアを増やすにはミトコンドリア自身に
エネルギーが足りないと感じさせることが必要なので、
息切れがしたり、心臓がドキドキする程度のちょっときつめな運動が効果的です。

息切れがすると言う事は”エネルギーが足りない”と言う事で、
ミトコンドリアが足りない状態でもあります。
そうなるとミトコンドリアは自然と増えてくれます。

ちょっときつめな運動と言っても人それぞれのさじ加減でOKです。
目安としては約30分、週2回以上が望ましいです。

普段から簡単に出来る運動としては、
1分間片足立ちするだけでも結構な運動になり有効だそうです。

ALAを食べて水素水を飲む

3つ目の方法は“ALA(アラ)を食べて水素水を飲む”です。

ALAとはアミノ酸の一種(アミノレブリン酸)で、ミトコンドリア増加に必要な栄養素です。
特にイカとタコにはALAが多く含まれています。
他にもブロッコリー・ほうれん草・納豆などもミトコンドリアを増やすには有効です。
食品で摂るのが難しい場合は、サプリメントで摂ることも出来ます。

ここでいよいよ水素水が登場します。
ミトコンドリアがエネルギーを作ると必ず活性酸素が発生します。
この活性酸素が必要以上に増えるとミトコンドリアは弱体化してしまうのですが、
水素水を飲むことでこの活性酸素を除去してくれます。
結果、細胞内の環境が良くなりミトコンドリアを増やすことが出来ます。

また、水素水は開封後すぐに一気飲みしないとダメだと思っている方もいますが、
実際はそんなに早く水素は抜けません。

「コップに注いで3時間経過すると水素は半分になる」が目安と紹介されていましたが、
私が実際に酸化還元電位計で測定していても大体3~4時間で数値が半分になる事が多いです。

そして、“アルミの容器に入った水素水を選ぶこと”と紹介されていましたが、
水素は宇宙一小さい分子なので、ペットボトルでは保存できません。
アルミパウチやアルミ缶以外の水素水は偽物商品と言っても良いでしょう。

実際に私もペットボトルで販売されている水素水の水素濃度を測定してみましたが、
水素は入っていませんでした。

おすすめの水素水をご紹介!

当サイトでは実際に私が購入した水素水しか紹介していません。
その中できちんと水素が入っていて格安でお試し購入可能な商品をご紹介します。

中には1週間分をタダで貰える商品もあります。
ただし、この商品は期間限定ですのでお早めにどうぞ!

また、毎日水を飲むのが苦手な方には水素サプリメントと言う手もあります。
水素サプリメントにも格安でお試し購入可能な商品がいくつかあるのでご紹介します。



あなたの応援が励みになります。
本日の応援クリックありがとうございましたm(_ _)m