水素水はパーキンソン病にも有効なのか?

パーキンソン病とは脳の黒質と線条体に異常が起こることで、「ふるえ」「固縮」「無動」「姿勢障害」などの症状が出る病気として知られていますが、水素水はこのパーキンソン病に有効であることがわかっています。

パーキンソン病の原因は完全には解明されていませんが、もっとも有力視されているのが悪玉活性酸素による神経細胞の破壊です。

水素水を飲むことで、悪玉活性酸素と水素が反応して水となり体外に排出されるので、パーキンソン病の予防に対して効果があります。

パーキンソン病患者に毎日1Lの水素水を48週間飲用してもらう臨床試験の結果、予防と治療に水素水が有効であり、大きな効果をもたらす可能性があると発表されました。

パーキンソン病は薬物治療が基本で、どの薬でも共通した副作用として幻覚や幻視などの精神症状がみられますが、水素の場合には副作用が一切ないのも特徴です。

活性酸素を除去出来る抗酸化物質は水素だけではありませんが、脳まで到達できる抗酸化物質は水素しかありません。

もしこの記事がお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します!