溶存水素濃度の測定を専門機関に依頼しました

水素を専門にしている研究機関に正確な溶存水素濃度の測定を依頼していたのですが、その測定結果がでたので結果を発表したいと思います。

研究機関に依頼した理由

測定依頼をした理由は、溶存水素濃度判定試薬を使った測定では溶存酸素の影響を考えなければならず、どうしても大体の溶存水素濃度しかわからないので、溶存酸素の影響をどれだけ受けているのか気になったからです。

研究機関に依頼した商品
  • 浸みわたる水素水
  • スパシア
  • さゆら
  • サラスバ
  • わたしのすいそすい
  • 水素たっぷりのおいしい水

溶存水素濃度の測定を専門機関に依頼した水素水

以下の2パターンで測定依頼しました
  1. 脱酸素剤を使い溶存酸素の影響を受けていない状態での測定
  2. 脱酸素剤を使わない通常の状態での測定

脱酸素剤を使うことでより正確な水素濃度を測定できます。

溶存水素濃度測定依頼結果

結果は自分で測定したものと合わせて下の表にまとめました。

商品名溶存水素濃度判定試薬脱酸素剤なし脱酸素剤あり
浸みわたる水素水0.9~1.1ppm1.1ppm1.2ppm
スパシア1.2~1.4ppm1.4ppm1.5ppm
さゆら1.2~1.4ppm1.1ppm1.2ppm
サラスバ0.8~1.0ppm1.0ppm1.1ppm
わたしのすいそすい1.1~1.3ppm1.3ppm1.4ppm
水素たっぷりのおいしい水1.0~1.2ppm1.4ppm1.4ppm

脱酸素剤を使った測定結果を見ると、少なからず通常の測定時には、溶存酸素の影響を受けていることがわかります。

また私が行った溶存水素濃度判定試薬の結果よりも高めの結果となりました。これは判定試薬を垂らすテンポが遅かったからかもしれません。

測定中は間を開けずテンポよく行う必要があるようなので、次回の測定からはもう少し早いテンポで測定を行います。

それでも誤差は0.1~0.2ppm程度なので、溶存水素濃度判定試薬でも大体の溶存水素濃度は測定可能なことがわかります。

 

この記事が役に立ちましたら、応援クリックお願い致します

【水素水の探求者が選んだ】コスパ最強で1位の水素水

「せっかく飲むならより良い水素水を飲みたい」そう思って大量の水素水を買い集めました。

水素水の探求者である管理人が実際に26種類の水素水を購入し、水素濃度や価格を徹底的に比較し、もっともコストパフォーマンスが高い商品を選びました。